事業継続計画(BCP)策定支援

事業継続計画(BCP)策定

東日本大震災を機に事業継続計画(BCP)策定が叫ばれましたが、中小企業においては策定率はまだ30%未満です。地震を例に取ると、会社や従業員に対する物的・人的な被害はもとより、データ損失、帰宅困難者、物流の停滞等の災害時における別の側面も浮き彫りになり、事業継続対応の様々な課題を改めて認識することになりました。
事業継続計画(BCP)は、何も自社だけの問題ではありません。操業停止により製品・部品の供給ができなければ、取引先からの信用が失われます。競争が激しい環境においては、非常時に備えている企業とそうでない企業とで大きな差が出ます。

  • BCP策定に取り組むもうと思うが、具体的にどう進めていいのか。
  • どのようなリスクに対して、どこまでを対象にすればいいのか。
  • BCP策定後、どう運用すればいいのか。
  • そもそも小さい会社でBCPは作れるのか。
  • コンサルタント費用は何百万円にもならないか。

BCP策定支援コンサルティングSTEP 0無料相談事業継続計画(BCP)の簡単な制度説明、ならびに兵庫総合研究所の策定支援サービスを紹介します。
STEP 1現状分析事業継続診断シートから自社の現状課題を認識し、リスク範囲を決定します。事業継続計画の方向付けを行います。
STEP 2手順書策定・手直し既存業務マニュアルをBCP向けに手直し、またはBCP対応の業務手順書を新たに作成します。
STEP 3模擬訓練策定した手順書の実効性を検証し、危機対応能力の向上をより確実のものにします。
評価オプション年度見直し業務内容変更、工場・事業所の増設/閉鎖による次年度見直しを行い、実効性を保ちます。
その他セカンド・オピニオン自社策定のBCP、ならびに他の支援会社策定のBCPを兵庫総合研究所基準で評価します。

BCP策定支援コンサルティング費用

  • 従業員数20名以上 拠点数2か所以上(会社模により異なります) ¥500,000~
  • 従業員数10名程度 拠点数1か所 ¥300,000~

BCP評価コンサルティング費用

  • ¥300,000~(会社規模により異なります)